2012年07月14日

受難の歳?

どーもどーも、アサダa.k.aカノウです。

……書いてみたかったんだよね、この「a.k.a」。
だってロイ・エリスっぽくなーい?あ、ぽくない?やっぱり?


EURO2012について場違いな感じでここに色々書こうと思ってたのにもう終わってしまった…。既に2週間が経過しつつあるわけで。
これから一体何を楽しみに生きていけば良いのやら。
私が応援していたイタリアは決勝戦ではのっけから精根尽き果てたような感じ。試合内容も10人になってしまってからは本当に残念だったとしか言いようが無いです。スペイン、プレスもちゃんとしてましたし、パス回しする必要の無い所では守備も良かった。だが好きじゃない、けど憎めない。マタは可愛い。結局、王者は王者でした。
イタリアはカテナチオ脱却を図るもドイツ戦での守備は十分、発展途上にある攻撃的スタイルにも期待大です!2年後のワールドカップが楽しみです。


そして近況報告です。
ここ最近女子メンバーには受難(大袈裟)の日々が続いております。
まず、わたくしめの話になりますが、胸部の軟骨が炎症を起こしております。疲労や衝撃でなってしまうらしいのですが、今の所どーしてこーなった?的な原因が解らない。疲労って言ってもねぇ…。
しかしながら週始めに比べれば大分痛みもひいてきたので安心しております。
そして早紀さんが親知らずを引っこ抜き悶絶。
一時的に楽器が吹けない。これはもう致し方ないとしか言いようが無いっす…。
今後はモリモリご飯を食ってうちのエースとして活躍して貰わねば…!
んで奈美ちゃん。
立ち上がれない程の酷いめまいで緊急入院。
これは私やメンバーも本当に驚いて、毛と共に本日はお見舞いに行って参りました。
でも思っていたよりも元気そうで笑顔で喋る奈美ちゃんを見て安心しました。

早紀さんは違うけれども、本当に病気って怖いですよね。30を過ぎて実感しております。
健康が無ければ全てが無い。そして健康管理も実力の内です。私達バンドマンもしっかりご飯食べてちゃんと睡眠を取ってきちんと体を作らなければよる年波にも勝てないし、病気にもなる。
音楽を基礎からと言うのであれば、まずは体調管理をしっかりやっておかないとなー、と思います。
もう決して若くないです、SKAFF-LINKSも。

話は変わりますが、リッキーが春にバリに社員旅行に行った時にお土産で笛を買ってきてくれたんですよ。
その笛ってのがまたすげー笛なんだわ。調べたんだけど、バリの伝統音楽でもしっかり登場するその笛。
名前をスリン(Suling)。
でもって、リッキー曰く「ライブで使って貰おうと思って(´∀`)」とのことですが、まず吹き方が解らない。
故に音が出ない…。唄口がどっちなのか、どっちが楽器の上なのか下なのか判別不可能。
そんなリッキーのくれたスリンの音色はこちら。


これは…SKAFF-LINKSで使うとなるともうジャンルの壁をブチ破らねばなるまい…。
民族系SKAバンドとかっているの?マジ謎なんですが…。
SKAだって民族音楽みたいなもんじゃん、とかいう屁理屈は聞きませんよ。
まー無理です…。どうやって吹くのかわからないからなー。
How to Sulingの教本とかあれば教えて下さい。
それではまた☆チャオ(イタリア風なつもり)
posted by Kanoh at 22:43| 明鏡止水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。